鍵を使った犯罪の手口

民家に侵入するため、色々な手口を使う人がいます。ガラスなどを割って強行突破することもできますが、リスクが高いため、敬遠される傾向にあります。それに対し多いのが、鍵を使った犯罪です。鍵を使った犯罪は、年々巧妙になってきており、ますます予防が大切であると言えます。

民家に侵入するための鍵を使った手口で、最も多いのがサムターン回しと呼ばれる手法です。一般的には鍵開けと呼ばれています。ドアにドリルで穴をあけたりドアスコープを使って、サムターンを回せるようにします。サムターンを回すのには、針金など細長いものが多く使われています。

次いで多いのが、ピッキングと呼ばれる手口です。鍵のシリンダー部分を操作して、ドアを開けます。カム送りと呼ばれる手法では、特殊な器具を使って錠シリンダーを回します。こうすることで内部のデッドボルトを動かし、ドアノブを動かすことができます。

最近では、ドアを破るという手口も横行しています。これは上記のものに比べ、強引なもので、ドアノブを特殊な器具で破壊して室内に侵入します。時間を取らないため、最も横行しやすいものでもあります。家主が返ってくると、一目で空き巣が入ったと分かります。