玄関だけでない防犯意識をあげる鍵の使い方

家を守り自分と家族を守るためには、家の鍵が必要です。
家には鍵が一つでは足りないのはご存知でしょうか。防犯意識が高いことを示すこと、それがまさに防犯につながるのです。
まずは玄関ですが、最近のおうちなら鍵が一つであることはないでしょう。自分で家を建てるなら、種類も数も増やすことができます。最新式の、開けられにくいものが発売されているので、それを使用するのがお勧めです。
でも、もしひとつしかないなら早速鍵を増やしてください。改めて穴を開けて設置するのは大変ですが、今では穴あけが不要で取り付けが簡単なものがあります。自分で設置することも容易にできます。
玄関に増やしたあとは、ぜひ窓にも増やしてください。窓の場合、玄関とは形状が違うので、サッシ用のスライド式のものがよいでしょう。スライド式の鍵の良いところは、すこし窓を開けたままでも鍵がかかっている状態にすることができるということです。暑い夏などには、夜間は特に窓を開けたまま就寝してしまうことがありますが、この鍵を使えば風を通しても侵入者は防げるのです。
常に防犯を心がけましょう。防犯意識を高めて、安心して暮らせる家にして、自分や家族、そして財産を守りましょう。